• 書写技能検定資格取得者への、各種特典、優遇制度のお知らせ
  • 使用する筆記用具についての注意
  • 優遇制度を設けている学校一覧
  • 書写技能検定資格取得までのガイドライン

協会へのお問い合わせ

一般財団法人 日本書写技能検定協会
〒170-0005
東京都豊島区南大塚3-41-3
TEL:03-3988-3581
FAX:03-3988-3528

  • 個人向け願書請求はこちら
  • 団体のお問い合せはこちら

使用する筆記用具についての注意

硬筆書写技能検定では、
第1問(速書き)はボールペン
(1級~4級 ※4級はえんぴつも可)
第6問(提示文)では油性マーカー(耐水性顔料のマーカーも可)
(1級~4級 ※4級は第5問)
というように、各設問に対して筆記具を指定しています。
問題をよく理解して、その設問に合った筆記具を使用するようにして下さい。

現在、様々なメーカーから多くの筆記具が販売されていますが、その中には、硬筆書写技能検定で認められていないため、使用すると減点の対象となる筆記具もあります。
下記に写真と共に説明致しますので、試験の際にはご注意下さい。

使用が認められていない筆記用具

使用が認められていないペン

筆ペン 毛筆の味に似た線が書けることと、万年筆のようにインキが自然に出てきますが、やはりまだ毛筆の代用品的な位置にはなっておりません。
また、ペンといっても、分類上では筆の延長線上にあって、硬筆には含まれませんので、硬筆書写技能検定での使用は認められません。
油性マーカー
(先が四角い種類)
油性マーカーの先が四角い種類のものに関しては、先が四角いため美しい文字を書くのに適していないため、硬筆書写技能検定での使用は認められません。

使用が認められている筆記用具

使用が認められているペン

油性マーカー
(耐水性顔料のマーカーも可)
(先が尖っている種類)
上記の油性マーカーと同じくフェルトを使用しているため間違えやすいのですが、ペンの弱点である細い線しか書けない点を解決したものです。硬筆書写技能検定での使用は可能です。

第2問~5問では、下記いずれも使用可(1級~4級)

サインペン インキがしみ出る性質のものが先端に装着してあり、その細さによって書ける線の太さも0.05~0.5mmなど様々です。日常生活では文章を書くためによく使用されており、硬筆書写技能検定での使用は可能です。
ボールペン 先端がボールになっていて、強く書いても壊れにくいので、カーボン紙などの複写に適しています。ただ、それに慣れると必要以上に筆圧が強くなる癖がついてしまいます。
最近は、油性インキだけでなく水性インキのペンも多く使用されています。
油性・水性共に硬筆書写技能検定での使用は可能です。
つけペン ペン軸にペン先を自分で装着し、インキびんの中のインキをつけながら書く筆記具です。以前はペンといえば、このつけペンを意味していました。
硬筆書写技能検定での使用は可能です。
万年筆 インキを内蔵する軸の先に、ペン先を装着したもので、書くに従ってインキが自然に出るようになっています。硬筆書写技能検定での使用は可能です。
デスクペン ペンやインキが自然に出てくる点は万年筆と同じですが、軸がつけペンと同じ形になっています。硬筆書写技能検定での使用は可能です。
えんぴつ B~3Bを使用(5級は全問で使用)

このページの先頭へ ▲